2010年04月20日

消費税論議「時期尚早」=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は13日午後の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が消費税などの増税を掲げて次期衆院選に臨むべきだと語ったことについて、「時期尚早の議論だ」と述べ、現時点での増税論議に否定的な考えを示した。
 平野長官は、消費税引き上げの議論に入れば「無駄遣いをいかになくしていくかというエネルギーが途中で止まる」と指摘。「議論まですべきではないとは言わないが、(争点に)掲げて戦いますという議論は時期尚早だ」と強調した。 

<平沼代表>参院選目標議席「少なくとも10」(毎日新聞)
<普天間>徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ(医療介護CBニュース)
医療分野の素案明らかに−民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)
人工歯根再使用疑惑の医院、感染対策が不十分(読売新聞)
posted by クロセ シゲハル at 04:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。