2010年01月21日

介護2施設でノロウイルス=1人死亡、41人発症−北海道(時事通信)

 北海道小樽市保健所は15日、市内にある二つの高齢者介護施設でノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎の集団発生があり、職員と60〜100代の入所者計41人が下痢や嘔吐(おうと)を訴え、うち90代の女性が14日に死亡したと発表した。
 保健所によると、死亡した女性の直接の死因は心不全だが、胃腸炎で症状が悪化したとみられるという。女性が入所していた施設では26人、もう一方では15人が発症した。 

ハイチに500万ドル緊急支援=政府(時事通信)
「低下」初めて「上昇」上回る=1年後の物価見通し−12月の消費動向調査(時事通信)
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)
<日本航空>新社長 ジャルエクスプレスの来栖社長が有力に(毎日新聞)
老母殺し冷凍庫に→海に飛び込み死にきれず(読売新聞)
posted by クロセ シゲハル at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。