2010年05月29日

<労働審判>異議申し立て後の訴訟、裁判官同じでも適法(毎日新聞)

 労働審判と異議申し立て後の訴訟を同じ裁判官が担当するのは適法かどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷は、適法との初判断を示した。那須弘平裁判長は「労働審判は下級審の裁判ではない」と述べた。現在の運用では同じ裁判官が審判と訴訟の両方を担当するケースも多く、現状にお墨付きを与える判決となった。

 労働審判は裁判官1人と民間審判員2人で審理する。審判の結果に労使のいずれかが異議を申し立てた場合、紛争は裁判官だけの民事訴訟に移行する。

 今回の裁判では、仙台市の男性が勤務先に不当解雇されたと主張、労働審判を経て同市のリース会社を相手に損害賠償を求めた。1、2審は請求を一部認めて会社側に約450万円の支払いを命じたが、小法廷は会社側逆転勝訴の判決を言い渡した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
退職強要:入社9日で 労働審判申し立て
退職強要:「入社9日で」 24歳男性、労働審判申し立て

献血啓発の補助金を不正受給 大阪の2市(産経新聞)
神戸児童連続殺傷13年 子供への思い変わらず(産経新聞)
ヤギふれあい、マラソン中止…口蹄疫影響全国に(読売新聞)
両陛下、植物園に(時事通信)
郵政法案を可決=衆院委(時事通信)
posted by クロセ シゲハル at 18:56| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。